ライザップ

ライザップのダイエット本を読んで唯一書いてないと思ったこと

ライザップダイエット本

ライザップからたくさんの公式本が出ています。

・自宅でできるライザップ 食事編
・自宅でできるライザップ 運動編
・・・・などなど

これだけ情報が出ているので「すべての本を読めばライザップのノウハウを習得し実践できるのでは?」と思い購入しました。

そこでわかったライザップダイエットの内容をまとめました。

ライザップダイエットの主となる3要素

ライザップのダイエットの核となる部分は大きく分けて3つです。

運動「筋トレ」

食事「糖質制限」

モチベーション「レコーディング」

です。

ライザップダイエット運動編

ライザップの運動はいわゆる「筋トレ」です。

筋トレもただトレーニングするのではなく、週二回短期的に集中して効率よく筋肉をつけます。

筋肉を付ける理由は「基礎代謝を上げる」ためです。

基礎代謝とは、一日に燃焼することのできる力です。

多ければ多いほど、燃えやすく、少なければ燃えにくいと言えます。

「痩せやすい人」「痩せにくい人」の差はこの基礎代謝が関係しています。

2000calの食事を摂取した場合

基礎代謝 2000calの人は、2000cal食事をとっても差し引き0です。

しかし、基礎代謝1500calの人が2000cal取った場合500calは余ってしまい、脂肪になります。

基礎代謝が高い人は「食べても太りにくく」基礎代謝の低い人は「食べれば食べるだけ脂肪」になっていきます。

あなたの周りにもいませんか?

「食べることが好きなのに、痩せている人ずるい人」

この人は基礎代謝が高いのです。

この基礎代謝を高める方法が「筋トレ」です。

「筋トレ」をすることで「筋肉」が増えます。

「筋肉」が増えると「基礎代謝が上がり」ます。

結果的に太りにくい体になるのです。

ウォーキングは有酸素運動なので筋トレではない

「ランニングやウォーキングはしているけど痩せない・・・」

という人も中にはいるでしょう。

基本的にランニングやウォーキングは有酸素運動と行って、基礎代謝に加えて燃焼しながら運動することなので、燃焼する大きさそのものが大きくなることはありません。

ここでも基礎代謝が大きな差を生んでしまいます。

基礎代謝が高い=「燃焼力の高いエンジン」

基礎代謝が低い=「燃焼力の弱いエンジン」

車のエンジンで表すと、わかりやすくなります。

高燃費(パワーがある)→多くの燃料を使う

低燃費(エコ)→少ない燃料で長く走る

車はエコのほうが良いとされていますが、体は逆で、食べたものを消費し無駄な脂肪(オイル)を焼却したほうが良い!となります。

この様に運動は基礎代謝を高めるたことがライザップダイエットの運動のキモだと思ってください。

ライザップダイエット食事編

食事は「糖質制限」という方法で行います。

糖質制限は食事に含まれる「糖質」を減らしタンパク質&脂質を中心にした食生活にすることです。

「糖質が無いと脳へのエネルギーが無くなってしまうのでは?」

と心配される人も多いのですが、問題ありません。

人間の身体は、身体の中の糖がなくなったとき、体の中のアミノ酸を使用しエネルギーに変換できます。

アミノ酸はタンパク質を作っている構成要素なので、肉や魚を取っていれば、枯渇することはありません。

また、良質な脂質を取ることで、脳へのエネルギー源として使用でき、そのときに生まれる燃焼回路で、身体の脂肪も一緒に燃やせるようになります。

いままでの主要エネルギーだった「糖質」を制限し、良質なタンパク質&脂質を取りつつ、野菜などからビタミンを取ることで「糖質制限ダイエット」が成立します。

つまり、栄養の高いものを少量とる。

カロリーではなく「糖質」をへらすことで脂肪を蓄えにくく、筋肉の付きやすい食生活にすることがライザップダイエットの食事の内容です。

ライザップの食事内容詳細についてはこちらの記事を参考にしてください。

【参考】ライザップ中の食事メニュー!OK食材NG食材と糖質制限を無理なく行う秘訣

ライザップダイエットモチベーション維持編

ライザップは実際に通うとトレーナーと一緒に二人三脚で行うので、モチベーションが維持できます。

その中で、毎日の食事アドバイス、週二回のトレーニング機器での運動でモチベーションを維持していきます。

食べた食事は毎日、トレーナーさんに連絡しその都度アドバイスを貰います。

つまり、すべての食事を把握し何を食べたかチェックするのです。

週二回の運動では必ず、専用の機械で身体を測定します。

初回の体重からどのくらい成果が出ているのか筋肉がどれだけ増えたのか体脂肪率がどれだけ減ったのかなどかなり細かく計測することができます。

この「食事のチェック」「身体のチェック」の両方を細かくモニタリングすることでモチベーションを保ちます。

自分で行う場合には、食事を必ずチェックし、本に照らし合わせ、確認&修正し、少し高い体重計を買い、毎日計測することができれば実行可能です。

またトレーニングも週二回近くのジムで正しいフォームで行うことができれば実践可能だと思います。

しかし、案外このモチベーションの部分が最大の難関であり、これらのことを自分の力だけで行うのは非常に困難です。

すでにできている人であれば、ライザップ自体必要ないと思います。

この第三者の目が常にあり、一緒に話し合いながらモチベーションを保つことこそがライザップの最大の強みと言えるでしょう。

ライザップの本を読んで自力で行う方法

ライザップダイエットの方法自体は、決して目新しい方法ではないですし、食事のレシピや食べて良いものだめなものもネット上にいくらでも出ています。

簡単に方法をまとめると

  • 食事「低糖制限ダイエット」
  • 運動「正しいフォームでの筋トレ」
  • モチベーション「レコーディングダイエット(毎日の変化をチェック)」

となります。

この方法さえ実践できれば、ライザップに行かなくてもライザップの方法を実践できます。

興味のある方は、ライザップ本を参考にぜひやってみてください。

しかし、ここまでわかっていてもある一つがかけているため多くの人ができない現状があるのです。

ライザップ本に書かれていないことはただ一つ

ライザップの方法に関する情報は本でもネットでも山程あります。

しかし、実際にライザップを体験して、本にもネットにも唯一書かれていない"真実"がありました。

それは"実行し継続"することの大切さです。

「実行して継続?実際に行動することなんて当たり前じゃん!」

と思われた方も多いと思います。

しかし、この実行して行動することの大切さを実感している人はあまりいません。

本などで情報を得て、実行する人も中にはいると思います。

その「実行」とは本の中の食事のレシピ一つを作ったり、運動を一週間やってみた程度なのではないでしょうか?

この程度でライザップの方法を"実行"できたとは言えません。

ここでいちばん重要な実行とは

「1年前から、今に至るまで続けていること」

といってもいいでしょう。

習慣として落とし込んで初めて実行したといえます。

逆に、お菓子を食べる習慣が1年前からついているのであればそれも"実行"ですし、
運動習慣が無い日々を続けているのであればやらないことを"実行"していると言えます。

つまり言い換えると「短い期間の実行は本当の実行ではない」ということです。

実行→継続→習慣

となったとき「ライザップの方法が初めて活きてくる」のです。

人はどんな物事でも(やる・やらない問わず)21日間継続すると習慣に定着すると言われています。

「食事を適当に取るを21日間」行ってしまえば習慣に定着します。

「運動をしない日々を21日間」行えばしない習慣が定着します。

この様に悪習慣でも定着してしまうのです。

ライザップは、2ヶ月間行います。

この中には、ライザップダイエット方法はもちろん、その方法が日々の習慣に定着するように作られたノウハウがあります。

この方法を習慣定着までのプロセスを習得するためにライザップがあると行っても過言では無いでしょう。

他のダイエットと比べたときのライザップの位置

ダイエットの本と言うとたくさんの本が出ていますし、時代と共に新たな研究やノウハウがたくさん出ています。

その方法と比べライザップの方法はある意味「王道」といって良いと思います。

  • 徹底した食事管理
  • 週二回の運動
  • 毎日のチェック

です。

これだけやればダイエットに成功するよねと誰もが思うと思います。

しかし、この当たり前の方法を実践するのが案外難しいことなのです。

当たり前を知っていながら

  • 流行りの〇〇ダイエットに飛びつく
  • ダイエット器具を購入
  • お金がないから・・・と正当っぽい理由を作る

この様に王道」から大きくそれて、終わりのない間違ったダイエット情報に惑わされてしまいます。

ある意味、それらを売っている販売者からしたら思うツボです。

いろいろ試してくれて、すぐに辞めるを繰り返してくれる良いお客さん(カモ)なのです。

それとは逆にライザップはThe王道の方法を提案しています。

一見高いと思われがちな、値段も

  • 分割払いが可能月9900円〜の支払いが可能だったり、
  • 30日間の返金保証が合ったり、
  • 無料のカウンセリングがあったり

と様々な方法で登りやすいようにはしごを掛けてくれているのにもかかわらず、見えていない人が多いのです。

【参考】ライザップの無料カウンセリング前に知っておくべき全体の流れ!

ライザップの本を読んで実行できると思っている人へ

「ライザップの方法さえ手に入れれば実践できる」とライザップを経験する前の人は必ず言います。

そのような人は是非実践してみてください。

結果として、本やネットに出ている方法のみで自分を律してダイエットに成功すればそれはそれで良いのです。

その方法でうまくいくのであれば、その人にはライザップは必要なかったといえますし、結果的に体型も変わり幸せな人生を歩むことができると思うので、そのような人がたくさん出ることを私も願っています。

しかし、「そんなに甘くないこと」もよくわかっていると思います。

ライザップが高いと言われますが、その後の食事習慣・運動習慣の角度が変わるのであれば、人生の投資として考えれば高くないとも言えます。

無駄なダイエットを積み重ね、失敗を積み重ね失敗が習慣にならないことを願います。

良い習慣を身に着け、今後の人生を明るいものにしててください。

ライザップのダイエット本は有益です。しかし

ライザップ本にはライザップのノウハウが9割以上書かれています。

その本の通り"実行"すれば、結果にコミットできると思います。

それだけ、情報を出してくれているライザップは逆にすごいと思います。

みんなが健康になってほしいという会社の熱意と自信を感じます。

そんなライザップだからこそ、本にとどまらず実行することの大切さを教えてくれています。

 

ライザップの本で知識をみにつけることは良いことなので続けてください。

しかし、情報収集だけで満足し知識肥満にはならないでください。

ライザップに興味を持ち、一歩前に進んで見ようかなと言う人のために無料カウンセリングがあります。

このカウンセリングでは強制的に勧誘されることはありません。

むしろ、今からすぐに実践できる食事管理、今の身体の計測、無理なく建てられる目標まで教えてくれます。

それらを相談してもなお、入会"実行"の判断は本人に委ねている状態なのです。

あなたも一歩進めるためにも「無料カウンセリング」をおすすめします。

RIZAP公式ページ https://www.rizap.jp/

Copyright© パーソナルトレーニングジム情報局 , 2018 AllRights Reserved.