ライザップ

ライザップ終了後のリバウンド!失敗理由と体型維持のコツ!

「ライザップをやってもリバウンドしてしまうのではないか?」

「やるのであればリバウンドしない方法を知りたい」

「ライザップを終えた周りの人はどうなの?」

とライザップを行う前にこのような不安や疑問を多くの人が考えます。

それもそのはず、

過去に行った方法で成功していて現在も維持できている人はこの様に思わないからです。

過去の経験から「ダイエット=きつい、辛い」という経験があり、

心のどこかでライザップの効果に期待しつつ、

「あなたにはできないよ」「やる価値ないよ」と悪魔がささやきます。

この考え方はそもそもの根本が間違っています。

「ライザップを行う前に自信を身につけることは無理」だからです。

むしろライザップをやったからこそ「自信を取り戻せる」のです。

「自信を・・・"取り戻せる?"」

と思われた方もいると思います。

そうです。

自信を取り戻すのです。

自信を取り戻す為一の方法は「やる=できる」という経験を積み重ねることです。

ものすごく過去の話を例にあげますが
生まれたての「赤ちゃん」だったときから「今のあなた」どの様に成長してきたでしょう?

泣くのが仕事だった赤ちゃん、やがてハイハイ、つかまり立ち、歩行へと進んでいきます。

ここで質問です。

「ハイハイしたい」「つかまり立ちしたい」「歩行したい」

この気持ちを実行する前に「できるかな?」と不安を覚えた経験はありますか?

当時、そんな気持ちはなかったと思います。

気持ちを素直に実行した結果、現在の様に歩行しているのだと思います。

つまり、「できない・・・」という感情は育ってきた環境の中で身につけてしまったことなのです。

このような理由から「自信を取り戻す」という表現を用いています。

大切な経験は大事にしつつ、その足を引っ張るネガティブな経験から生まれる感情はひとつずつ外していきましょう。

ライザップはダイエットする場所と思われがちですが、本来の自信を取り戻し、健康になる習慣を身につける場所です。

まずは、無料カウンセリングで自分がどのくらいの体型を目指せるのか発見しましょう。

RIZAP公式ページ https://www.rizap.jp/

リバウンドしてしまうのではないかという不安が出てくる理由

行う前に不安を勝手な妄想で生み出し、一歩踏み出せないのであれば絶好のチャンスを逃してしまいます。

生み出しがちな妄想例

「芸能人もリバウンドしてるし自分にできるはずがない」

「こんなに高い金額を払って痩せられなかったらどうしよう」

「高額だし自分には縁がなかったな」

「安い近くのジムに通ったり、〇〇ダイエットで痩せればいいや」

と思ってしまいます。

これらの原因はすべて「自信が無い」ことが原因で作り出された妄想です。

過去に
ダイエットを行った→結果が思うように出ない→自分はだめだ・・・

このような経験を繰り返し積むことで、言い訳を作る技術ばかり発達します。

ライザップで結果を出す前に自信をもてないのは当たり前です。

ライザップを行う理由の中には「自信をつける」ということも含まれます。

つまり、自信がないから「ライザップ」を行えない・行わないというのは見当違いです。

やったこと無いことに対して、ありもしない被害妄想を考えてしまうのはある程度しょうがないことですが

失敗の経験を繰り返し、自分の人生の自信までも失ってほしくはありません。

ライザップ前に抱えている問題は「無料カウンセリング」で解決できます。

やるまえに「ライザップ後のリバウンド」などと調べているようでは前進できません。

 

この最初の一歩が、人生を良い方向に転換させるキモです。

 

ライザップでは無料カウンセリングを行ってくれています。

そこでは、実際にライザップを行ったとき得られる成果まで計算して出してくれます。

この数字を目にしたとき初めて、その体重になったことを想像できるのでしょう。

 

まずは無料カウンセリングを受けてみてください。

RIZAP公式ページ https://www.rizap.jp/

ライザップを終えた後の食事・トレーニングアドバイスがあります

ライザップを終えたあと、そのままさようなら。という感じでは終わりません。

しっかりと、その後の食事・運動生活のアドバイスがあります。

ライザップ後は通常の食生活に徐々に戻していくことで、基礎代謝の上がった身体で、通常量の食事となればリバウンドすることはありません。

アドバイスの具体的な内容は

「朝・昼は炭水化物あり、夜は控えてください」

「週一回はジムなどでの運動を続けてください」

などです。

もちろん、ライザップで一緒に行ってきたトレーナーさんが判断するあなたの状況によって的確なアドバイス内容は変わります。

基本的には、この内容を守っていればリバウンドはありません。

逆に、自分で意識しながら生活を送っていた人は、さらに痩せたり筋肉が程よくついたりという人もたくさんいます。

始める前に「できるかな?」と心配する人もい多いですが、一度痩せて結果にコミットした人は「できる!」と自信を持って言える人になっています

ライザップの効果は、身体の改善はもちろんのこと、心の成長という作用もあります。

「自信がない」→「成功体験を積み重ねて自信を取り戻す」

「後ろ向き」→「前向きになりいろんなことに挑戦」

前向きになり自信を取り戻し、いろんなことに挑戦していく姿勢が身につけば、今より良い生活・人生になるのは当たり前です。

このような経験をしている人が増えている要因こそが、ライザップが選ばれている理由です。

追加料金で再入会もあり

「ライザップが終わったあとどうなるのだろう」やっぱり不安だな・・・

となる人も多いですが大丈夫です。

ライザップは追加料金で再入会することができます。

リバウンド対策や現状を維持したいという人は継続という形を取るようです。

ライザップの取り組み方と「維持」するコツ

ライザップを終えたあと、維持できるのか?不安に思っている人も多いのだと思います。

ライザップはそこまでもしっかりと考えられていて、

ライザップ終了後の食事・トレーニングのアドバイスをしっかりとしてから終わります。

それでも、二人三脚で行ってきたトレーナーさんなしでは不安という人は追加料金で継続することもできます。

ライザップ後にも継続するために大切なことは、ライザップを行う前の目標や心持ちで大きく変わってきます。

ライザップカウンセリング前の目標

「ダイエットしたい・綺麗になりたい」

などの動機が多いです。

この目標ももちろん大切な目標です。

しかし、ライザップに取り組むにあたり最も大切なことは、いかに自然にライザップを習慣にするかということです。

「無理をして」「気合を入れて」お風呂や食事・睡眠を行うことは無いですよね?

それと同じで、自然にライザップ中の生活を習慣にすることが大切です。

結構気合を入れて、高い食品を手に取り、負荷の多い運動をして初めてダイエットができると思い込んでいる人が多いのです。

ライザップを行うときには「無理なく習慣にするにはどうしたら良いのか?」という基準を持ちつつトレーナーに相談してみてください。

高モチベーションを保つことも大切ですが、運動や食事、休息を呼吸のように取り入れてください!

そうすれば、ライザップ後も維持することは決して難しいことではありません。

RIZAP公式ページ https://www.rizap.jp/

維持できている人・できない人の違い

ライザップでダイエットを行ったあと、リバウンドせずに維持し続けられている人がいます。

リバウンドをしてしまう人

リバウンドをせずに維持し続けられる人の差

をまとめました。

両者の違いは

「ライザップの生活が当たり前になっているかどうか」です。

ライザップを行う姿勢として

「頑張って我慢して「食生活」や「トレーニング」をしなければ」と思っている人が多いのです。

しかし、このようなモチベーションで始めてしまうと落とし穴があります。

それは、

「太りやすい生活習慣」が日常

「ライザップの生活習慣」が非日常

となってしまうということです。

このような人が発するライザップ後の言葉の節々にリバウンドの予兆が出ています。

「ライザップで我慢していた生活から開放された」

これで食べたいものを食べれる」

「頑張ったからご褒美のデザート・・・」

などです。このような言葉を終了後発している人は必ずリバウンドします。

リバウンドしていない人の多くは

「身体が軽くなり新たなことにも挑戦したい」

達成する自信がついた」

「これからも食生活を考えながら生活して行こうと思う」

と、無理なく今後の生活にも活かしていこうという姿勢が感じられます。

太ってしまう生活習慣が「非日常」「異常」だということに気が付き

健康的な生活習慣が「日常」「通常」「自然」となるところまで目指す必要があります。

芸能人のリバウンド情報に注意!一般人の成功者を見本にしよう

「ライザップを行ったのに、リバウンドしたのでは?」

と言われる芸能人がよく話題になっています。

リバウンドのお腹

芸能人が大きな広告と共にライザップに挑戦している意味は「痩せたいという目的」のためだけでなく「仕事」という要素を含んでいます。

芸能人が「太っている」→「痩せる」このイメージを広告に使うことでインパクトがあるのです。

なので、芸能人の中でリバウンドしてしまう人の多くは、「痩せる」=「人生」ではなく「痩せる」=「仕事」となってしまっている人のみです。

また、芸能人がライザップを行うときには個人的には費用は支払っていません。

この意識の違いが、ライザップを行ったのにリバウンドした芸能人を生み出してしまっている要因です。

ライザップ後リバウンドしていない人・一般人の情報を参考にするべし!

「ライザップ後、リバウンドしてしまった人を見てしまって自分にもできないや・・・」

と思ってはいけません。

「ライザップ」=一流のトレーナー付きパーソナルトレーニングジム

に行ったにもかかわらず、「リバウンド」

に行った行ったあと、「素晴らしい人生」

両者を比較したとき、ゴシップネタとして話題になりやすいのはどちらでしょう?

リバウンドの方ばかり目立って、実はライザップ後も健康を維持し、人生が変わった人の話は埋もれてしまいます。

「そんな素晴らしい話見たこと無いよ・・・」

という人も多いと思いますが、実はその状況はかなり危険です。

なぜなら、ライザップに加入しない自分自身を肯定化するために「できない」情報をすでに集め始めてしまっているからです。

そもそも、「ライザップでリバウンドした人」を調べる人は

調べる意図として「自分もリバウンドしたらどうしよう」とリバウンドすることを前提にネガティブな動機から行動しています。

このような方法で情報を収集していたのではいずれ

「ライザップで人生が変わりました」とポジティブな情報に出会っても

「どうせ、自分には無理。だってあんなにリバウンドしちゃう人がいるんだもん」

「お金持ってていいよな」

妬みと共に、やらない理由を並べ続けてしまいます。

実際の統計では、ライザップ前の体重とライザップ後の体重を比較したとき。

ライザップ前の体重を上回る程のリバウンドしてしまった人はほとんどいません。

ライザップをゆっくりと検討することは良いことです。

しかし、広告的な戦略や失敗談を集めることは今すぐやめてください。

ライザップの正しい情報源は公式サイトや無料カウンセリングで得ていきましょう。

RIZAP公式ページ https://www.rizap.jp/

ライザップ後に人生が変われた人を見極める!

ライザップのリバウンドなどの情報を検索する「失敗」「体重増」「一時的」などマイナスな情報しか出てきません。

それもそのはず、日本の風習には「出る杭は打たれる」という法則があるからです。

ライザップで成功!人生変わった!幸せ!と良いことを本心から発信しても、きっと見る方は少ないと思います。

この感覚をお金に例えても同じで

「お金持ちになりました!すごいでしょ!」と発信したときそれと同じもしくはそれ以上のバッシングが出ます。

「お金が全てじゃない」といっている人には2パターンいて

「お金がない人が、全てじゃないと言う言い訳」

「お金がありすぎる超大富豪から見た真理」

のように言う人によってこの言葉は変わってきます。

話をライザップに戻すと

「ライザップだけでは成功できない」

といっている人の中には

「ライザップをしたことのない人の妬み」

「ライザップを体験して感じたたことは自分の意志と周りの協力があってこそ」

という人によって、変わります。

しかし、ここで難しいことは「言う人」によって意味が変わるのですが実は「聞く人」の解釈でも変わってしまうのでが難しいところです。

そこで、そのような誤解がうまれない言葉を選びつつ

ポジティブな情報を届けるために

ライザップを行って人生が変わったかた人をお伝えします。

RIZAP公式ページ https://www.rizap.jp/

「周りの目を気にしているひと」は情報に惑わされる

ライザップを行う前に、周りの人の情報を探す人も多くいます。

高額な金額を出してでも、ダイエットに成功しなかったという情報が多かったら正直行うか悩みますよね。

しかし、「ライザップ リバウンド」と調べている時点である意味「失敗談」を自ら集めに行ってしまっていることに気が付かなくてはなりません。

この様に調べ方で出てくる情報も違うのです。

最もポジティブな情報を得る方法は、ライザップを経験してよかった人の話です。

ライザップの公式ページや無料カウンセリングでは具体的な数字を用いて、ポジティブな話をしてくれます。

しかし、不安もつきもの、そんな不安は無料カウンセリングで解決しましょう。

案外、同じ悩みを過去に持っていた人や自分に近い状況の過去にライザップを受けた人の例など一歩踏み込んだ相談まで乗ってくれます。

無料カウンセリングは公式ページから申し込むことができます。

周りの目を気にしている・・・このような心持ちで情報収集をしていてはだめです。

ネガティブな情報だけが集まり、結果としてやらない理由を正当化するというやる前の失敗を生んでしまいます。

この様に負のスパイラルに陥らないためにも、ポジティブな情報「実際に行った人の体験談」「無料カウンセリング」で情報を収集しましょう。

RIZAP公式ページ https://www.rizap.jp/

ライザップの正しい目標設定の仕方

ライザップを行ったことがない人が掲げる目標はこのようなものが多いです。

  • 「モテたい」
  • 「夏に水着を着たい」
  • 「自信をつけたい」
  • 「きれいになったと言われたい」
  • 「若い身体を作りたい」

などこのような目標設定をしている人が多いです。

この目標設定自体は悪いことではありません。

しかし、少し惜しいのです。

なぜなら、

  • その多くが達成したことのない目標なので具体的になったときの現実を想像しにくいこと
  • 自分で達成できたと言い切れる指数ではない
  • 大きな目標を達成するためのプロセス(過程)が抜けている

という弱点があります。

弱点を踏まえた上で具体的な目標に変更させると

「モテたい」→
「今の体重から12kg痩せて、今まで着たかった洋服や水着をすんなりと着れたとき自信満々な姿になる→異性に声をかけてもらえる→幸せな生活」

「若い身体を作りたい」→
「体脂肪率が10%台になる。運動習慣が身についてますます健康に!自身がついてアクティビティーにも挑戦!」

など、

「具体的な数字

「その数字を達成したときの気持ち

「ポジティブな気持ちを持ったときにできる行動

などより具体的な目標の方がワクワクできると思います。

このワクワクが大切なのです。

しかし、実際に数値を入れたり、達成後どのような気持ちの変化が起き、どのような人生に変わるのか一人では想像しにくいのだと思います。

そのような人のために、無料カウンセリングがあります。

カウンセリングのときには、実際に今の身体を計測し、ライザップを行うとどのような結果が現れるのか数字で教えてくれます。

その数字から、理想の体型、気持ち、行動したとき変わっていくことやできることがわかります。

ライザップの一番大切な部分は、この無料カウンセリングで決める目標といってもいいくらいです。

無理な勧誘はないので検討中の人でも安心です。

この目標が決められるだけのために行く価値があります。

今の目標が漠然的でも、その目標を具体的な目標を描けるようになるために無料カウンセリングが選ばれています。

RIZAP公式ページ https://www.rizap.jp/

ライザップはここからはじまる「最初の一歩は無料カウンセリング」

ライザップを行おうか迷っている人は多いのだと思います。

しかし、様々な情報にまどわされて
正直迷ってしまう人も多いのだと思います。

「できるかな?失敗したらどうしよう」と不安だったり

「周りの人はどうなんだろう」と心配だったり

正直、周りの人の情報をいくら集めても、あなたの現状が改善することはありません。

やる前に「できるかな?失敗したらどうしよう」「周りの人はどうなんだろう」と思ってしまう人は多くいます。

この様に「自信がない」ひとが「自信を取り戻す」ために「ライザップ」があるのです。

最初から「できる」「成功する」と思えているひとなら、正直ライザップは必要ないかもしれません。

最初の壁を打破する方法は「無料カウンセリング」です。

自信のない人は、何かをやる前に何かと壁を作りがちです。

「無料カウンセリングが良い」とお伝えしても

「無料カウンセリングって何やるの?不安」「無理な勧誘ない?」やる前の不安を作り出してしまいます。

そうなってしまう人も多数いるので

無料カウンセリングの内容をすべてまとめた記事も書きました。

無料カウンセリングの前で立ち止まってしまう人はぜひ一度読んでみてください。

【参考】ライザップの無料カウンセリング前に知っておくべき全体の流れ!

「自分の決意はもうかたい!そこまで言うなら申し込んでみよう!」という人は公式ページから無料カウンセリングを申し込んでみてください。

RIZAP公式ページ https://www.rizap.jp/

Copyright© パーソナルトレーニングジム情報局 , 2018 AllRights Reserved.